育毛剤と発毛外来のコスト比較 | コスパのいいヘアロス対策はどっち?

投稿日:2018年8月14日 更新日:

 

育毛剤と発毛外来の薄毛治療効果を比較

  • 髪の毛にボリュームがなくなった
  • 分け目が目立つようになった

 

と薄毛の症状で悩んでいる女性は少なくありません。

 

薄毛を治療してコンプレックスを解消するにあたり、

次の2つの方法が代表的です。

 

  • ドラッグストアやネット通販で販売されている育毛剤を購入して自宅で塗布する
  • 発毛外来(クリニック)を受診して医師のアドバイスを受けながら薄毛を治療する

 

発毛外来でも育毛剤が処方されることはありますが、

自分で対処するのか医師に相談するのかが大きな違いと言っても良いでしょう。

 

以下では、育毛剤と発毛外来の薄毛対策を比較してみました。

 

育毛剤の特徴

  • 今生えている髪の毛に働きかけて効果を出す
  • 発毛や頭皮環境を整える成分が豊富に含まれている

 

発毛外来の特徴

  • 医学的に効果が認められた医薬品で薄毛を治療できる
  • 育毛剤では改善が難しい薄毛でも、頭皮に有効成分を注入する治療で髪の毛を生やすことができる

 

発毛外来は、病院やクリニックに通院して薄毛の治療を受けないといけません。

 

一方で、育毛剤はドラッグストアやネット通販で気軽に購入できますので、手軽に薄毛対策を始められます。

 

しかし、育毛剤で期待できる効果は限られているため、

 

  • 地肌が見えている・・・
  • ボリュームが著しく低下している・・・

 

といった状態の女性は発毛効果の高い発毛外来を受診すべきです。

 

市販されている育毛剤で劇的な変化を得るのは難しいと心得ておきましょう。

 

育毛剤と発毛外来のコストを比較!女性の薄毛治療にコスパがいいのはどっち?

育毛剤と発毛外来の薄毛治療には、

それぞれ違ったメリットがあります。

 

育毛剤は自宅で気軽に処置できるのがメリットで、

発毛外来は確実に薄毛治療効果を得られるのが利点ですね。

 

そこで、女性の薄毛治療にコスパがいいのはどっちなのか、

以下では育毛剤と発毛外来のコストを徹底比較しています。

 

「どのような方法で薄毛を治療して若々しい髪型やヘアスタイルを手に入れるのが良いの?」

と疑問を抱えている女性は、是非一度参考にしてみてください。

 

育毛剤は商品によって1本当たりの価格が異なる

育毛剤と一口に言っても、

製品によって1本当たりの価格には大きな違いがあります。

 

現在では薬局やドラッグストアだけではなく、

インターネット通販で様々な種類の中から比較して育毛剤を選べるようになりました。

 

育毛剤のメリット

  • 商品さえ持っていれば自宅で好きなタイミングで塗布できる
  • フケやかゆみなどの頭皮トラブルを改善できる
  • 髪の毛の成長を促したり頭皮環境を整えたりする植物エキスが入っている
  • 副作用のリスクがなく、安全に毎日の生活に取り入れることができる

 

以下では有名な育毛剤の1本当たりの値段を紹介していますので、

女性の抜け毛や薄毛に良い商品はどれなのか参考にしてみましょう。

 

有名育毛剤の効果・価格

  • 薬用プランテル:頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kや、血行促進をサポートするセンブリエキスなどの有効成分が入っている(8,200円
  • MUNOAGE(ミューノアージュ):皮膚科医監修のもとで作られた女性用の育毛剤で、2種類の製品の併用で薄毛に働きかけてくれる(6,787円
  • マイナチュレ:植物由来の天然成分に加えて、「パラベン」「鉱物油」「着色料」「タール系色素」などを含まない無添加に仕上げている(5,945円
  • CA101薬用スカルプエッセンス:育毛成分と頭皮のアンチエイジング効果を持つ成分の両方を含み、薄毛の改善に働きかけてくれる(6,000円
  • チャップアップ:男女兼用の育毛剤で、44種類の天然成分が頭皮や髪の毛に効率良く働きかけてくれる(7,400円
  • ベルタ育毛剤:女性から人気のBELTAブランドから販売されている育毛剤で、99.6%が天然由来成分で構成されている(5,980円

 

ネット通販で人気の女性用育毛剤は、

どれも1本当たり1万円以下の価格で購入できます。

 

1回の使用量や1日の使用回数で持つ日数には違いがありますが、

多くの育毛剤は1本で約1ヵ月が目安ですね。

 

発毛外来(東京ビューティークリニック)のコストは育毛剤よりも高い?

ネット通販の育毛剤と比較してみると、

発毛外来(東京ビューティークリニック)の薄毛治療でかかるコストは少し高めに設定されています。

 

東京ビューティークリニックで処方されている代表的な医薬品は、

Rebirth Lady(リバースレディ)という、

独自で開発されたオリジナル発毛薬です。

 

タブレット+リキッドで、

身体の外側と内側から働きかけてくれるのが特徴で、

1ヵ月当たりの価格を見ていきましょう。

 

はてな

  • 内服薬:14,000円~21,000円
  • 外用薬:14,000円~

 

ネット通販で購入できる育毛剤と比べてみると、

東京ビューティークリニックで処方されているRebirth Lady(リバースレディ)は2倍以上の費用がかかります。

 

そのため、

 

安い価格で薄毛対策を始めるなら発毛外来よりも育毛剤の方が良いのでは・・・

 

とイメージしている女性は少なくありません。

 

しかし、市販されている育毛剤とは違い、

Rebirth Lady(リバースレディ)には次のメリットがあります。

 

Rebirth Lady(リバースレディ)のメリット

  • 医学的に効果が立証された内服薬と外用薬なので、確実に薄毛を克服できる
  • 99.4%の女性がオリジナル発毛薬で発毛効果を実感している
  • 身体の内側から発毛しやすい環境に整えながら、外側から同時に薄毛改善ができる
  • 正しい知識を持つ医師のアドバイスやサポートを受けながら薄毛を治療できる

 

かかる費用は発毛外来(東京ビューティークリニック)の方が高くても、

薄毛改善効果を考えると、

育毛剤よりもコスパは良いのです。

 

\5,000 円 (月) で始める薄毛治療/

※東京ビューティークリニック 公式サイト

 

女性の薄毛治療は育毛剤ではなく発毛外来がおすすめ!

育毛剤の使用で劇的な薄毛改善効果を得るのは難しく、

薄毛を確実に治療したいと考えている女性には、

発毛外来(東京ビューティークリニック)の受診がおすすめです。

 

ポイント

  • ネット通販で販売されている育毛剤は化粧品や医薬部外品に指定されている(医薬品のような効果は期待できない)
  • 発毛外来で処方されている内服薬や外用薬は医学的な効果が立証されている

 

仮に1ヵ月当たりの費用が若干安くても、

長く使用を続けて薄毛が改善されないのであれば全く意味がありません。

 

また、薄毛を克服できるまでの期間の短さを考慮すると、

発毛外来(東京ビューティークリニック)での治療の方が、

総コストは安くなることが期待されます。

 

しかも、東京ビューティークリニックは、

内服薬+外用薬のRebirth Lady(リバースレディ)だけではなく、

個人の症状に合わせて次の薄毛治療も可能です。

 

東京ビューティークリニックの薄毛治療

  • パントガールの処方:世界で初めて女性の薄毛改善効果と安全性の両方が認められた育毛剤(3ヵ月間の臨床試験で70%の女性が抜け毛減少効果を実感している)
  • Dr’sメソ(FAGAメソセラピー):ミノキシジルや成長因子を含む発毛有効成分を頭皮に直接注入して発毛を促す
  • FAGA幹細胞再生治療:自分自身の体内に存在する幹細胞成長因子を頭皮に散布して高い発毛効果を得ることができる
  • ヘアビーム:LLLT(低出力レーザー治療)と赤色LEDを併用して、頭皮の血流改善と育毛促進の両方の効果を得ることができる

 

長く育毛剤を使用するよりも、

専門的な薄毛治療が受けられる発毛外来の方がコスパが良いと頭に入れておきましょう。

 

\5,000 円 (月) で始める薄毛治療/

※東京ビューティークリニック 公式サイト

 

東京ビューティークリニックのヘアロス治療まとめ

  女性特有の薄毛 (ヘアロス) の症状や原因はこれだ!   + ヘアロスを詳しく知る (クリックで展開) 薄毛と聞いて、 「40歳以上の中高年の男性が引き起こす症状だ!」 とイメ ...

続きを見る

 

Copyright© 【マンガでわかる】美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.