高校の卒業祝いで二重のプチ整形をしました!

投稿日:2017年1月31日 更新日:

体験談の概要

・カテゴリー
 二重整形

・年齢 / 性別
 1 / 女性

・施術
 埋没法

 

一重の苦労とコンプレックス

約2年前、大学進学前の春休みに二重の埋没法をしました。

 

もともとは重い一重まぶたで、糸のような目でした。

一重の目は可愛いと思う方ですが、自分の目となるとどうしてもコンプレックスでした。

 

メイクをしてもアイラインが全く見えないし、逆さまつげが痛くてピンセットで抜くこともしばしば。

そのせいでまつげが短くまばらになってしまっていました。

 

また視界が狭く、目を見開いても見開き切れていない感じがしていました。

 

中学生の頃からぼんやりと、「私が大学生になったらプチ整形をしよう」と考えるようになりました。

アイプチやアイテープは、腫れぼったすぎる私のまぶたに全く役に立たなかったからです。

 

母が埋没法数回と切開法で永遠の二重を手にしていたので、それを見て羨ましく思ったこともあると思います。

 

卒業祝いで埋没法

高校を卒業すると、卒業祝いと入学祝いとして、家族から埋没法の手術代をもらうことができました。

 

名古屋の美容整形外科で、20万円近くかかったと思います。

 

もっと安いところもあったのですが、母が埋没法をした時に2年くらいで取れてしまっていたことを考え、埋没法でもなかなか取れない手術法を推奨しているところにしました。

 

カウンセリングと手術

カウンセリングと手術は1日で行いました。

 

カウンセリングでは、どのような二重にしたいかをこちらから提示し、また医師からどのような二重なら私の目でも再現できるかを言われ、話し合って末広型の自然な感じのものにしようということになりました。

 

また、まぶたが腫れぼったいこともあり、脱脂も勧められましたが、高齢になって来ると脂肪がなくなり逆にくぼんでしまう可能性もあると聞きやめることにしました。

 

そして手術へ!最初に麻酔を打ったのですが、それがまぶたの裏にするもので、とても怖く痛かったことを覚えています。

 

その後は糸がたまに引っ張られる感覚を感じる程度で、思ったよりもあっけなく終わりました。

 

術後による目の腫れと内出血は1週間ほど続きました。

 

手術後 2 年経った今

2年経った今では、二重線が狭まり、ほぼ奥二重のような感じになりました。

 

また、やはりまぶたが厚すぎたのか、二重線の食い込みは今でもはっきりしています。

 

それでも、視界は開けよく見えるようになったし、アイメイクも楽しくできるし、逆さまつげで悩まされることもなくなりました!

 

テレビに出て来る女性のように整形で大変身とはならなかったけれど満足しています!

 

高校時代の友達にプチ整形のことを打ち明けたら「アイプチかと思った」と言われたくらいなので、周囲はあまり気づかなかったようです。

 

品川美容外科

二重術スーパークイック法 1 点 (両目)
9,070 円 (BMC 会員: 6,340 円)

品川美容外科 公式サイトCheck!
【学生オススメ】学生証提示で学割 35 % OFF

 

湘南美容クリニック

ナチュラルベーシック法 1 点 (両目)
7,350 円

湘南美容クリニック 公式サイトCheck!

Copyright© 【マンガでわかる】美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.