目の下のふくらみ取りの体験談・口コミ | 目の下の脂肪取りと PRP 血小板療法でクマが消えました【品川美容外科】

投稿日:2017年5月16日 更新日:

品川美容外科

 

 

目の下のクマは、

10 代の頃からずっとコンプレックスでした。

 

ファンデーションやコンシーラーを使っても、

うっすら浮かび上がってしまう濃いクマ・・・。

 

そんなクマが嫌でたまらなく、

 

  • 高級スキンケア用品
  • エステ
  • カイロプラクティック
  • マッサージ
  • 半身浴
  • 岩盤浴

 

など、

クマ解消のために、

ありとあらゆることを試してきました。

 

しかし、まったく成果はなく、

「一生クマのある顔と付き合っていかないといけないのか・・・」

と諦め半分の気分でした。

 

いつものようにクマの解消法を探していたところ、

寝不足や血行不良以外に、

 

「目元の脂肪のふくらみ」が原因であるクマがあるということを知りました。

 

自分の場合、

横から見ると確かに目元の脂肪が膨らんでいます。

 

「あ、もしかして自分はこのケースだったのでは!?」

 

詳しく調べて見ると、

この種類のクマの場合、

ふくらんでいる脂肪を除去するしか改善策がないようです。

 

脂肪の除去なので、

顔にメスを入れることになり、

非常に敷居の高いもので唖然をしてしまった記憶があります。

 

それでも何をしても効果がなかったことを思い出せば、

やっと解決策が見つかりそうで、

嬉しい反面もありました。

 

「とりあえずクマの原因を専門家に聞いてみよう」

と思い、さっそく、

職場近くの、

品川美容外科の無料カウンセリングを予約しました。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下のふくらみ取りのカウンセリング

初めての美容整形クリニックということで、

ドキドキしながら受付を済まし、

医師とのカウンセリングです。

 

クマが気になる旨を伝え、

触診しながら、いろいろな角度での目元の状態をチェックしていただきました。

 

やはり自分のクマの原因は、

「目元の脂肪がふくらんでいるせいですね」

と言われました。

 

さらに加えて、

ふくらみの下にくぼみもあるため、

「目元のふくらみ + くぼみ」

で、凹凸の段差ができてしまい、

なおさらクマがひどくなっているとのことです。

 

原因を伝えられ、

「凹凸の問題ならスキンケアで治るわけなかったよなぁ・・・」

と納得してしまいました。

 

そのため、

やはり解消するには、

切開して脂肪を除去方法をおすすめされました。

 

品川美容外科では、

目の下の脂肪除去の施術は、

 

  • 目の下のふくらみ取り: 8 万円
    → 3 つある脂肪袋のうち 1 つを除去
    → 軽度のクマに有効
  • 目の下のふくらみ取りスペシャル: 20 万円
    → 3 つある脂肪袋の全てを除去
    → 重度のクマに有効
  • 1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット: 47 万円
    → 3 つある脂肪袋を除去し、更に目元の凹みも同時に解消
    → 重度で凸凹のあるクマに有効

 

この 3 種類があると説明されました。

 

自分の場合は、

凸凹が原因のクマだったので、

完全にクマを解消するには 1 番高い

「1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット」

をおすすめされました。

 

「1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット」

は、脂肪除去するだけでなく、

目元の凹みを解消するための施術もセットになっています。

 

凹みを解消するためには

「PRP 血小板療法」

という施術が行われます。

 

これは、自身の血液から採取した血小板を凹みに注入することで、

コラーゲンの生成を促し、

それで徐々に凹みを膨らませていくという治療法です。

 

しかし、

「多少改善されればいい、予算がないということであれば、他のプランでも大丈夫ですよ」

とも言ってくれ、

無理に高いプランをすすめられることもなく、

「良心的なぁ」

という印象を受けました。

 

 

術後の腫れは出てしまう施術のため、

この日はカウンセリングだけで終了しました。

 

そのあと、

 

  • 湘南美容クリニック
  • 高須クリニック
  • 銀座みゆき通りクリニック

 

といった、

複数のクリニックでも無料カウンセリグをしたのですが、

「クマの原因は目元の脂肪と、さらにその下の凹みが原因」

これはどのクリニックでも共通で診察されたことでしたので、

「この施術をすれば悩みのクマとおさらばできる・・・」

と確信しました。

 

カウンセリングの丁寧さや、

医師の説明が詳しかったことから、

品川美容外科で施術を行うことに決めました。

 

「これ以上クマで悩みたくない・・・」

という思いで、

完全に解消できる

「1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット: 47 万円」

にしました。

 

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセットの見積もり

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下のふくらみ取りの施術前準備

施術当日はまず受付で施術料金を支払います。

 

デビットカードで口座引き落としができるので、

高額な現金を持ち運ぶ必要がなかったので大変助かりました。

 

その後、

カウンセラーの方から、

施術内容や、

副作用・術後のダウンタイムの説明をされます。

 

そして同意書にサインし、

いよいよ施術に向かいます。

 

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセットの注意事項

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット

1day目の下のふくらみ取りスペシャルセットの同意書

PRP 血小板療法

PRP 血小板療法の同意書

 

施術の前に洗面台に案内され、

当日はノーメイクで来院したので、

その場で簡単な洗顔だけしました。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

PRP 血小板療法の採血

オペ室に案内され、

手術台に横になると、

「いよいよ施術か」

という実感が湧いてきました。

 

不安もありましたが、

それ以上に、

「これで長年の悩みだったクマとおさらばできる!」

という期待のほうが大きかったです。

 

PRP 血小板療法 (目元の凹み解消) で使うためには、

採取した血液を分離する必要があり、

分離には 20 分ほどかかるとのことで、

まずは採血から開始です。

 

採血の量は健康診断の採血より少し少ないくらいでしょうか。

 

採取した血液を分離する機械にかけ、

その間に脂肪取りの施術を行います。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下のふくらみ取りの麻酔

採血の後はいよいよ、

目の下の脂肪取りの施術です。

 

まず点眼麻酔をするところから始めます。

「この後の局所麻酔の痛みを和らげるためのものですよ」

と説明してくれました。

 

施術全体を通してですが、

「痛みは大丈夫ですか?」

などと小まめに声をかけてくれるので、

非常に安心して施術を受けることができました。

 

次に両鼻に管をセットして、

笑気麻酔をします。

 

笑気麻酔は痛みを抑えるより、

不安感を取り除く効果が大きいらしく、

鼻から笑気麻酔を吸っていると、

数分経つと、

身体全体から力が抜けたような状態になりました。

 

緊張と不安からの、

心臓のドキドキも不思議とおさまってきました。

 

笑気麻酔を始め、

10 分ほどしたところで、

「フワフワした感じはありますか?」

と聞かれ、

笑気麻酔が効いていることが確認されると、

次は切開部位である、

下まぶたの裏に注射で局所麻酔をされます。

 

深く注射されている感覚はありましたが、

点眼麻酔と笑気麻酔のおかげで、

怖さや痛みはほとんどありませんでした。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下の脂肪取り・PRP 血小板療法の施術や痛み

局所麻酔のあと、

「ではこれから脂肪を取っていきますね」

と説明され、施術が始まります。

 

 

下まぶたの切開には、

レーザーメスが使用されるため、

切開や止血の際に、

レーザーメスで肉が焼ける匂いがしました。

 

施術中はずっと目を閉じている状態で、

しかも麻酔がしっかり効いていたので、

何をされているのかはまったく分かりませんでした。

 

切開のあと、

脂肪を取り出されたり、

脂肪を切除する際は、

「何かされてるなぁ」

という感覚がある程度です。

 

施術中は、

下まぶたが閉じないよう、

固定されているため、

固定による眼の圧迫のほうが辛かった記憶があります。

 

私の場合、

右目 → 左目の順番で施術を行ったのですが、

右目の脂肪除去が終わった際に、

「順調に脂肪取れていますから安心してくださいね」

と声をかけてもらえて、

安心しながら施術を続けることができました。

 

脂肪除去したあと、

採血した血液から作った PRP 血小板を、

目の凹みに注入されましたが、

麻酔がしっかり効いていたため、

注入されている感覚はまったくありませんでした。

 

最後に医師が、

触診で全体の仕上がりを確認し、

施術完了です。

 

私の場合は、

人より取り除く脂肪量が多かったため、

全部で 40 分ほどかかりました。

 

術後は、手術台の上で、

10 分ほど冷やしたまま休んだあと、

手鏡で手術後の目元を確認しましたが、

麻酔での腫れがあったため、

正直この段階では違いがよく分かりませんでした・・・。

 

最後に看護師の方から、

処方薬の説明を受け、

帰宅しました。

 

処方薬は、

 

  • アズレン点眼: 抗炎症薬
  • ヘパリンクリーム: 血行促進剤
  • ロキソプロフェン: 痛み止め

 

の 3 種類でした。

 

ロキソプロフェン (痛み止め) は、

念のため術後すぐに飲みましたが、

痛み止めが切れて痛むということもなかったため、

10 錠もらったうちの 1 錠だけ使って終わりでした。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下の脂肪取りのダウンタイム

施術当日

目の下の脂肪取りの副作用として、

内出血や腫れの説明は事前に受けていましたが、

施術当日は内出血が特にひどかったです。

 

施術後 1 時間ほど経って鏡をみると、

目の下がアイホールに沿って、

ドス黒くなっていました。

 

その後、数時間経つと、

ドス黒さがなくなる代わりに、

クマがあった箇所に沿って、

赤黒く変色していました。

 

2 日目

朝起きてビックリしたのが、

内出血に加えて、

目元がパンパンに腫れていたことです。

 

施術当日は全然腫れなかったため、

安心していたのですが、

私の場合、

翌日から腫れる体質だったようです。

 

内出血だけならコンシーラーで隠そうと思っていたのですが、

思った以上に腫れがひどかったため、

ラージサイズのマスクとメガネで隠すことにしました。

 

それでも腫れがだいぶ目立ったため、

職場の同僚に「どうしたの?」とかなり心配されました。

「ものもらいになっちゃった」と誤魔化しましたが・・・。

 

施術後の副作用 (腫れや内出血) は個人差が大きいらしく、

特に私の場合は、

脂肪の除去量が多かったため、

腫れや内出血が強くでたようです。

 

こればかりは、

やってみないと分からないため、

時間に余裕のある人は、

念のため数日お休みを取ったほうがいいと思いました。

 

3 日目

2 日目より、腫れがひどくなり、

しかも左目は下まぶただけでなく、

上まぶたも腫れてきてしまいました。

 

心配になり、品川美容外科へ電話したところ、

目の周り全体が腫れる場合もあるとのことで、

数日様子見をするよう教えられました。

 

7 日目

5 日目くらいから徐々に腫れが引き始め、

内出血の色も、

赤から黄色に代わり目立たなくなってきました。

 

1 週間も経つと、

多少の内出血は、

コンシーラーですっかり隠れる程度になりました。

 

ここで驚いたのは、

以前はクマをコンシーラで隠しても、

気休め程度の隠れ方だったのですが、

クマがまったくないではありませんか!!

 

クマのない自分の顔に感動し、

しばらく見とれてしまいました。

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

 

目の下のふくらみ取りの効果

1 ヶ月も経つと、

内出血、腫れもすっかりなくなり、

以前の自分とはまったく違う顔になりました!

 

以前は鏡やガラスに写る自分を見て、

「はぁ、クマが目立つな・・・」

と、これまで 10 年以上憂うつに感じていた日々が嘘のようです。

 

施術にかかった費用は 50 万円と高額ではありましたが、

これまで毎日悩んでいたことが解消されたため、

心からやってよかったと思います!

 

またエステや化粧品にかけたお金を考えると、

さっさと美容整形に頼っていればよかったと後悔もしています・・・。

 

目の下のクマで悩んでいる方は、

化粧品の謳い文句などに安易に飛びつかずに、

美容整形外科に相談だけでもしてみることをオススメしますよ。

 

費用の目安

  • 1day目の下のふくらみ取りスペシャルセット
    472,400 円

 

\カウンセリング無料/

※品川美容外科 公式サイト

【マンガで解説】おすすめクリニック

 

Copyright© 美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.