鼻の美容整形をした後に耳鼻科にかかるとバレるのか?

投稿日:

 

美容整形を受けると見た目が美しく、

かっこよくなるものですが、

なるべく人に整形したことは言いたくないという人も多いのではないでしょうか。

 

人にバレずに、

元々の美しさやかっこよさだと思ってもらえるのであれば、

それに越したことはないですよね。

 

しかし、生活を送っていく上で、

どうしてもじっくりと顔のパーツを他人に見せる機会は稀にですがあるものです。

 

美容整形以外の病院にかかり、

診断してもらうといったケースは、

その代表格といえるのではないでしょうか?

 

特に鼻を整形したあと、

花粉症や各種アレルギー、蓄膿症などで耳鼻科にかかった場合、

「耳鼻科医に整形したことがばれてしまうのか?」

「治療に影響はないのか?」

についてまとめてみました。

 

レントゲン、CT、MRIなどを使用する場合はバレる可能性が高い

花粉症やアレルギーでは、

レントゲンやCTスキャンを撮って診断するということはほとんどないと思いますが、

蓄膿症や原因不明の眩暈や耳鳴りがする場合などは、

CT、MRIで検査をするということがありえます。

 

その場合、

 

  • 鼻のシリコンプロテーゼ
  • 耳介軟骨手術で移植した軟骨
  • ヒアルロン酸

 

などが映ってしまう可能性は十分に考えられます。

 

ですので、

「どうしても隠したい

「絶対に他人に知られたくない」

という人でも、

上記の検査をうける場合は隠し通すことは不可能でしょう。

 

また、通常の鼻炎やアレルギーなどの軽症であっても、

経験の豊富な耳鼻科医であれば、

触診で人工のものが入っているということが分かってしまうこともあるそうです。

 

そのため、どんな症状やそれに対する治療でも、

どうせわかってしまう可能性がたかいので、

こちらから正直に伝えるのがいいでしょう。

 

初めて行く病院では多くの場合、

問診票に「鼻の手術歴はありますか?」という趣旨の問いがあると思いますので、

そこに記載しておきましょう。

 

既に何度か通っていて、

途中で整形手術を受けた場合は、

医師に手術内容をきちんと説明するようにしてください。

 

治療への影響はあるのか

花粉症やアレルギーなどの軽症のものであれば、

鼻の整形手術をしたことによる悪影響はほとんどないといえるでしょう。

 

しかし、中には蓄膿症や鼻中隔矯正など、

手術を必要にするものもありますし、

鼻も粘膜の一つですので、

自分の感覚だけでの判断は大変危険です。

 

その場合、もし重症化してしまい、

緊急での手術が必要となったときに、

シリコンプロテーゼや移植軟骨などが邪魔をしないとは言えないので、

やはり医師にはあらかじめ整形したことは伝えておくべきでしょう。

 

正しい診断の妨げになるだけでなく、医師との信頼関係の悪化も

そんな診断や治療においての影響だけでなく、

もし隠そうとしていた手術歴が医師に知られてしまうと、

信頼関係の悪化に繋がります。

 

これは耳鼻科だけでなく、

患者と医師は全て正直に話すことが大前提としてあります。

 

もし後から発覚してしまうと、

今までの問診や治療歴も、

どこまで効果があるものなのかも分からなくなってしまいます。

 

バレない可能性が高い場合でも、

医師からの確認がなくても、

必ず自分から申告しましょう。

 

医師に嫌な反応をされたくないときは

残念なことなら特に高齢の医師の方などで、

整形に対しての理解がなく、

ネガティブなイメージを持っている方も少なからずおり、

整形手術を受けたことに対して、

デリカシーのない発言をされる可能性もあります。

 

本来は治療に関係のないはずなのに、

不快な発言をされて嫌な思いをするのは避けたいですよね。

 

そんな時は耳鼻科もたくさんありますので、

思い切って比較的若い先生がいる病院へ移ってしまってもいいでしょう。

 

傾向としては、

 

  • 年配よりも若めの医師
  • 地方よりも都市部の医師

 

が整形に対しての偏見がないそうです。

 

また、大学病院などの大きな病院よりも、

一人でやっているような開業医の医師の方が、

適切なデリカシーと配慮を持ちながら応対してくれることが多いそうですので、

そういったところを狙うのもありだと思います。

 

近頃はグーグルやレビューサイトなどで、

簡単に評判をチェックすることもできるので、

それらを活用してみてもいいかもしれません。

 

まとめ

「美容整形が気になっている」

「美容整形をやってみたい」

という人にとって、

人から整形手術を笑われたり、

珍しがられたりということが、

まず先に思い浮かぶリスクだと思います。

 

普段の生活の中であれば、

他人にまじまじと顔の一部を見られたり触られたりすることはほぼありませんので、

そこまでバレる危険性はなさそうですが、

 

耳鼻科などの病院で、

何かしらの診断を受ける場合はそうはいきません。

 

「嫌なことを言われるんじゃないか」

「笑われてしまうかもしれない」

という少し怖い気持ちもあると思いますが、

勇気を出してしっかりと整形した旨を伝えるようにしましょう。

 

美容整形は近年ますます広がりを見せているので、

以外なほどあっさり受け取られることも多いと思いますよ。

【マンガで解説】おすすめクリニック

 

Copyright© 美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.