美容整形中に地震などの災害が起きたら?

投稿日:

 

1995年の阪神淡路大震災や、

2011年の東日本大震災など、

悲しいことですが日本はよく大きな地震が発生する国です。

 

また地震だけでなく、

近年天候が不安定になってきていることも影響してか、

台風や大雨による土砂災害も以前にもまして頻繁に発生していますよね。

 

災害に見舞われやすい土地柄というのは確かに少しはあるのでしょうが、

九州や上越でも大きな地震が発生しましたし、

南海トラフの可能性については各マスコミが大きく報じています。

 

もはや日本に住んでいる限り、

いつどこでどんな災害に巻き込まれてもおかしくないといえるでしょう。

 

美容整形は、

特に顔の付近を手術することが多く、

たくさんの神経や粘膜が集まる場所であることから、

とても繊細な手術であることは間違いありません。

 

もし美容整形を受けている最中に、

地震が発生したり、

土砂災害に見舞われたりした場合どうなるのか?

 

不安に感じている方も、

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

地震の規模や、

どんな整形手術をしているのかにもより千差万別ではあります。

 

また、ビルが崩れてしまうほどの災害や、

天井が落ちてきてどうしようもない状況に陥る可能性はありますが、

 

もし微妙な環境になったときに、

どういった対処方法があるのか、

考えられる限りまとめてみました。

 

停電になってしまった場合は?

全てのクリニック、病院についていえることではありませんが、

人命にかかわる施設などでは、

停電が起こってしまった場合に備え、

非常用の電源設備を備えていることが多いです。

 

通常ルートでの電気の供給がなくなっても、

自動で切り替わるようになっているので、

その装置を備えているクリニックであれば、

停電が起こっても大丈夫でしょう。

 

これはそのクリニックに依るとしか言えませんので、

どうしても気になるようであれば

事前に医師に確認しておくとよいでしょう。

 

震度2〜3程度の軽い揺れであれば、手術を続行することも

日本は地震をはじめとする多くの災害に見舞われてきました。

そのため、建物自体が少しの揺れであれば、

全く問題なく耐えれるレベルの強度を持ってるビルも増えてきました。

 

比較的新しいクリニックであれば、

ビルや建物自体が耐震構造になっている可能性が高いですし、

手術に使う器具や、

部屋の中にあるものが落下しないような構造になっている場合も多くあります。

 

もちろん、どんなビルや建物に入っているかはそれぞれですので、

どうしても心配な場合はご自分で調べるのもいいかもしれません。

 

切開を伴う処置であるのであれば、即縫合が基本的なスタンス

クリニックにより、

それぞれのケースにどう動くかというのは違った考えやリスク管理をしていると思いますが、

切開が必要な手術中に、

続行が難しいほどの大きな地震(震度6〜7以上)が発生した場合には、

なるべく早く切開部分を縫合し、避難させるやり方が最も一般的なようです。

 

切開部分が開いたままになっていると、

感染のリスクが上がったり、

避難中に血圧が上がってしまうことで

出血がひどくなってしまう可能性があります。

 

フェイスリフトなどの大きく顔を切開する手術であっても、

少しでも出血を抑えられるように、

ラフな精度であったとしても、

縫合を最優先します。

 

患者が全身麻酔している時は出来るだけ早く起こし、避難

豊胸手術など、

全身麻酔+大きな切開をしている手術中の災害は、

最も危険だといえます。

 

ベルトなどで手術台に固定されている分、

患者自体が落下してしまったり、

メスが危険な部位に当たったりというリスクは少ないですが、

すぐに縫合ができなければ、

大量に出血してしまう可能性もあります。

 

この場合の処置としては、

すぐに縫合し、

なるべく早く患者を麻酔から覚まし、

避難の準備をするということが一般的なようです。

 

しかし手術台の近くに麻酔器などの大きな設備がある可能性もあるので、

大変危険であることに変わりはありません。

 

クリニックの医師とスタッフの冷静な対処が求められるケースといえるかもしれません。

 

まとめ

もしクリニックの直下に大型のプレートが存在し、

建物全体が崩れてしまうような可能性や、

地震に伴う津波などに飲み込まれてしまうことなども、

全くないとは言い切れないことでしょう。

 

とはいえ、

ご自身の手術中にそこまで大きな災害が発生するという可能性は、

かなりゼロに近いことであるのは間違いありません。

 

そこまで神経質になって、

準備や対策をしておくことではないのかもしれませんが、

簡単にできることであれば事前にやっておいて損はありません。

 

  • ビルや建物が耐震構造になっているか
  • 器具や棚などが倒れる危険性が高くないか
  • そのような状況になったとき、クリニックがどういう対応を検討しているか

 

これらを確認することは

そこまで難しいことではありません。

 

色々なリスクに対して考えることは大切なことです。

 

少しでも美容整形手術の成功率を上げるために、

気になる方は入念にチェックしておきましょう。

【マンガで解説】おすすめクリニック

 

Copyright© 美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.