アイプチで下がったまぶたを切開法で自然な二重に!

投稿日:2017年2月1日 更新日:

体験談の概要

・カテゴリー
 二重整形

・年齢 / 性別
 20  / 女性

・施術
 切開法

 

毎日のアイプチで肌荒れ

奥二重で腫れぼったい目がコンプレックスだったので、ずっとアイプチが手放せませんでした。

 

少し練習しただけでそこそこ上手に二重がつくれるので、気付けば愛用していましたね。

時々使用する程度ならまだよかったのですが、二重で過ごしていたら奥二重の自分でいることが恥ずかしくなってしまい、結局毎日アイプチをすることになりました。

 

それと同時にカラコンを装着し、濃いアイメイクを楽しんでいたら瞼が赤く腫れるようになりました。

 

そしてどんどん瞼は下がっていき、皮膚が荒れてアイプチが使えなくなってしまったのです。

どうしようかと悩んで、美容外科を訪ねました。

 

カウンセリングと手術

先生曰く、アイプチとカラコン、そして濃いアイメイクを落とすために瞼をこすってしまったことが原因で瞼が伸びているとのことでした。

 

この瞼は元に戻らないと言われ、カウンセリングを受けてそのまま手術をしてもらいました。

 

切開するとのことでどれだけ痛いのだろうと怯えていましたが、案外それほど痛くもなく先生と話をしながら手術を終えることができましたね。

 

技術の問題なのかわかりませんが、骨折や足の小指を壁にぶつける方がずっと痛いです。
痛みに弱いタイプなのですが、あっさり終わって驚きでした。

 

切開法の費用

金額は30万円程です。

 

痛みが少なくて30万円なら安い方なのかもしれないと思いました。

 

やはり術後の腫れが気になった

しかし術後は腫れましたね。

 

埋没法などのプチ整形とは異なるので、腫れることは覚悟していたつもりですがそれでもぎょっとするほど瞼は腫れて、これがちゃんと綺麗な瞼になるのか不安な時もありました。

 

一ヶ月は腫れると考えていましたが、一年でやっと落ち着いた瞼になり、二年経過したぐらいでやっと二重のラインが定着しました。

 

術後から綺麗な瞼になるには時間がかかったのでその間はあまり人に会えませんでしたね。

 

その点では少々困りました。切開法は、休職中など人に会わない期間にやらなければ瞼の腫れに驚かれてしまうと思います。

 

切開法のメリット

ですが切開なので二重のラインがとれる心配はなく、コンタクトも安心してつけられるのでその点はよかったです。

 

瞼をこすっても糸がとれる心配などないのが切開法の良いところではないでしょうか。

 

費用がかかること、ダウンタイムが長いこと、失敗すると修正が大変なことがデメリットですが永遠に二重でいたい方は切開法で手術をすると後悔しないと思います。

 

お化粧は楽しくなりますし、瞼が荒れることはなくなったので整形前より楽になりました。

それに、目の開きが悪かったからか肩こりが酷かったのですが、手術後は改善されたので嬉しかったです。

 

 

↓↓二重整形にオススメのクリニックはこちら。

 

品川美容外科 公式サイトCheck!
【学生オススメ】学生証提示で学割 35 % OFF

 

湘南美容クリニック 公式サイトCheck!

Copyright© 【マンガでわかる】美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.