Qスイッチルビーレーザーでシミを除去

投稿日:2017年1月31日 更新日:

体験談の概要

・カテゴリー
 シミ・ホクロ除去

・年齢 / 性別
 3 / 女性

・施術
 Qスイッチルビーレーザー

 

シミ対策とは無縁の生活

小学生のころから外遊びが大好きで、中学や高校の部活も外で行うスポーツをしていました。

 

このころは今の時代とは異なり、あまり日焼け止めを塗ったりしている人はいませんでした。

うっすらシミができましたが、子ども心に部活を頑張った勲章のように感じていました。

 

しかし、これがいけませんでした。長年強い日差しを浴び続けていたので、社会人になるころにはシミが濃くなってきたのです。

 

気がつけば、右側の頬に大きな黒いシミができていました。

右側にシミができたのは、仕事で長時間運転をしていたからです。右側の頬が車の窓から入ってくる日差しにさらされていたのです。

 

隠すのが難しい濃いシミ

シミは年々濃くなる一方でした。

 

通常のファンデーションでは隠すことができないので、コンシーラーを使うようになりました。

それでもシミがわかるくらいです。

 

すっぴんのときにシミがあると年老いて見えます。

しかも毎回コンシーラーでシミを隠すのも面倒なので、レーザー治療でシミを取ってもらうことにしました。

 

友人の紹介で皮膚科へ

友人に、美容に力を入れている皮膚科があると紹介してもらいました。友人もその皮膚科でシミ取りをしたそうなので、安心です。

頬にできた大きなシミを診察してもらったところ、老人性色素班とのことでした。

 

シミにもいろいろ種類があり、レーザーでは取れないものもあるそうです。

私のシミはQスイッチルビーレーザーを照射するときれいに取れるとのことでした。

 

この皮膚科では、シミ取りのレーザー治療は夏場は受けられないそうです。

というのも、夏に治療をすると日差しがきついのですぐにシミが復活してしまうそうです

 

「秋か冬にレーザー治療を受けるのがおすすめです」と言われました。

ちょうどこの日は真冬だったので、手術の予約をして帰宅しました。

 

手術当日

そして手術の日がきました。

 

レーザーを照射する前に、シミの周りに麻酔薬を塗布されました。

そしてレーザーを照射してもらいます。

 

何度か照射してもらい、治療は終了。

 

10分もかかっていないのではないでしょうか。これで5000円でした。

思ったより安かったので驚きました。

 

化膿止めの抗生物質と痛み止め、そして肌色の保護テープをもらいました。

しばらくの間は保護テープを小さく切って貼るといいそうです。

 

数日たつとこげ茶色のかさぶたができ、そして剥がれました。

そこには、うすピンク色のきれいな皮膚がありました。

 

これまで茶色の汚いシミがあった場所が、きれいな肌になっていたので、大喜びしました

それ以来、メイクにコンシーラーを使うことはなく、シミの存在も忘れるほどでした。

 

シミが復活!?

しかし2年後、再び同じ場所にシミができてしまったのです。

 

それはシミをレーザー治療してから妊娠・出産し、毎日のようにこどもを外遊びに連れて行ったからでした。

日焼け止めは塗っていたつもりでしたが、きちんと塗れていなかったのでしょうか。

 

レーザー治療自体は満足度5段階中の5でしたが、その後の日焼け対策を怠ったことで満足度が1に下がってしまいました。

また、子どもが大きくなればシミを取りに行きたいと思っています。

Copyright© 【マンガでわかる】美容クリニックの選び方 , 2018 All Rights Reserved.